わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

特集:注目を集める「はなびらたけ」とは

肝臓の機能を改善し、肝炎の治療にも役立つと注目を集めている「ハナビラタケ」についてまとめています。

肝機能の改善事例が豊富な「ハナビラタケ」とは

ハナビラタケの画像ハナビラタケは、日本や欧米に生息するキノコの一種。デリケートで生息環境が限られているため、あまり多く収穫できないため「幻のキノコ」とも言われています。

その価値は、希少性だけではありません。ハナビラタケは、その総量の40%がβグルカンという成分で構成されています。このβグルカンは、肝機能の改善をはじめ、さまざまな健康効果があることが知られているのです。

豊富な研究データに裏付けられた効果

βグルカンは、すでにさまざまな研究が進められていて、C型肝炎へのその有効性は世界的に認められているそうです。

特に免疫力アップの天然成分としては、研究論文の数は世界最多と言われています。プロポリスやフコイダンといった成分の何十倍も論文が提出されており、その注目の大きさがうかがえます。

ウイルスが体内に侵入すると、人間は「インターフェロン」という抗体をつくり、ウイルスと戦います。C型肝炎の治療では、このインターフェロンを注射などで投与します。

ところが、ハナビラタケの有効成分であるβグルカンは、このインターフェロンの産生を促す作用があり、インターフェロンを自分の体内で産生し、肝炎ウイルスを減少させることができるのです。

しかも、肝機能を向上させる効果も認められています。肝炎ウイルスを撃退し、その上肝臓の機能を正常にする作用もあるのですから、肝炎の治療には非常に優れた成分であることがわかります。

ハナビラタケ(はなびらたけ)は、収穫量が限定されたキノコ。しかし、研究が進んだことによって人工栽培が可能になり、βグルカンを安定して供給できるようになったのです。

これからますます、ハナビラタケ由来のβグルカンは注目されることになると思います。

▼優秀なはなびらたけパウダーのサプリメントを探す▼

はなびらたけサプリ 比較ランキング

豊富な有効成分による相乗効果

ハナビラタケは、地球上のあらゆる生き物の中でも、βグルカンの含有量がもっとも多い生き物とされています。しかも、そのほとんどが有効性の高いβグルカンということもあり、上記の効果が特に優れていると考えられています。

しかも、そのほかにグリコーゲン、キトサン、エルゴストロールなどの有用成分が含まれており、その健康効果は計り知れません。

ハナビラタケの効果をしっかりと実感するためには、できるだけ多くの量を、日常的に取り入れることが大切です。

ハナビラタケはサプリメントとしても有名ですが、元々はフランス料理などにも使用される高級食材。ただ単にサプリメントを飲むよりも、地道に毎日の生活で取り入れるためには、料理などで取り入れてあげるのがオススメです。

お手軽な粉末状のはなびらたけパウダーならば、スープやごはん、煮物などの料理に混ぜてあげるだけで、美味しさをUPさせながらも、有効成分をタップリと取り入れることができるのです。

商品によっては、お徳用パックなども売られていますので、そちらからお試ししてみてはいかがでしょうか。

▼お得なはなびらたけパウダーを検索する▼

はなびらたけパウダー お得パック

ハナビラタケの肝炎改善体験談

最後に、ハナビラタケで肝炎が改善した方による体験談をご紹介します。

1.余命診断をされてからハナビラタケを飲みはじめました

肝炎から発症した肝臓がんにより、余命3か月と診断されたAさん。顔色はもちろん、爪の色まで黒ずんでいて、体調はとても悪そうでした。

ところが、ハナビラタケを飲み始めてから1か月、生え変わった部分の爪の色が明るくなっていたのです。数か月後には顔色がよくなり、食欲も出てきたのだそう。肝機能の数値もよくなり、医師もびっくりするほどの効果があったとのことです。

2.大好きなお酒を飲みながら…

Bさんは、C型肝炎から肝臓がんを患っていらっしゃいました。お酒が好きで、発症後も飲まれていたそうですが、肝臓がんにお酒は厳禁。医師も諦めていたそうです。

ところが、ハナビラタケを飲んでいたせいか、肝臓の機能数値は正常値に近いもの。日々を快適に過ごされていたそうです。

しかも、一緒にハナビラタケを飲まれていた奥様のB型肝炎は完治。夫婦で信じられないくらいの健康効果があったそうです。

3.インターフェロン治療の副作用の緩和に

C型肝炎を発症したCさんは、68歳のころにハナビラタケを飲み始め、すぐに健康を取り戻されました。

完治したと思ったCさんは、ハナビラタケを飲むのを2年間やめてしまいました。すると、よくなったはずの症状が悪化しており、状態が悪いのは見た目にも明らか。

その後肝硬変を発症してしまい、インターフェロン治療の副作用に苦しむ日々。そこでハナビラタケを再開したところ、肝機能値は正常になり、顔色もよくなったそうです。76歳の現在でもお元気にされています。

はなびらたけパウダー お得パック

pagetop