わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

医療費助成

C型肝炎のインターフェロン治療に関する医療費助成制度について解説します。

負担額が減る?C型肝炎インターフェロン治療助成金とは

肝臓病患者会、および薬害肝炎の長年の運動が功を奏し、2008年よりB型・C型肝炎のインターフェロン治療における、助成金制度が開始されました。
概要は以下の通りです。
なお、制度の詳細、および例外的な部分については、各都道府県の担当窓口に問い合わせてください。

C型肝炎インターフェロン治療助成金の概要

B型・C型肝炎のインターフェロン治療にかかる医療費を一部国が負担してくれる制度です。
対象期間は1年間、使える回数は1回です。各都道府県が給付事業の主体となります。

助成金を受けられる対象者

  • B型・C型肝炎のインターフェロン治療を受ける人
  • 公的な医療保険に加入している人

助成の内容

インターフェロン治療にかかった医療費のうち、都道府県が定めた「自己負担限度額」を超えた部分を補助します。
たとえば、医療費が自己負担で20万円かかったとして、自己負担限度額が3万円と定められていたとしましょう。

  • 20万円-3万円=17万円

この17万円が申請すると支払われます。
なお、インターフェロン治療そのものの治療費だけではなく、インターフェロン治療を目的とした診察料、入院費などの付随する医療費も、助成の対象です。

自己負担限度額

自己負担限度額は、世帯あたりの市町村民税の額に応じて定められていますが、見方を変えれば、世帯収入に応じて定められている、ということにもなります。
市町村民税の額に応じて、A、B、Cの3つの区分に分け、月額の市町村民税の額が65,000円未満の世帯をA、65,000円以上235,000円未満の世帯をB、235,000円以上の世帯をCとします。
自己負担限度額は、Aが10,000円、Bが30,000円、Cが50,000円です。

申請方法

保健所に必要書類を提出します。必要書類は、以下の通り。

  • 肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書
  • 医師の診断書
  • 世帯調書
  • 世帯を構成する全員の住民票
  • 市町村民税(所得割)課税年額等を証明する書(世帯全員分)

以上の書類を、各都道府県が設置する審査会で審査します。
審査会で認められた場合、補助の対象となります。

pagetop