わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

C型肝炎ウイルスキャリアとは

C型肝炎ウイルスキャリアの意味と、経過について解説いたします。

C型肝炎ウイルスキャリアは持続感染を表す

C型肝炎を調べているとウイルスキャリアという言葉に出会うはずです。
意外と誤解の多い言葉なので、正しい意味を正確に把握しておく必要があります。

C型肝炎ウイルスキャリアはC型肝炎ウイルス持続感染者とも呼ばれます
このことからわかるようにC型肝炎ウイルスキャリアとは、ウイルスに持続感染していることを表します。

C型肝炎ウイルスキャリアの意味

わざわざ持続感染者という言葉が使われる理由は、C型肝炎ウイルスに感染した方の20~30%は、一時的な感染のみにとどまるからです。
これらの方は、C型肝炎ウイルスに感染したものの、ウイルスが自然に排除され、一時的な感染を経て完全に治ります。

残りの70~80%の方は、ウイルスが自然に排除されず、C型肝炎ウイルスが身体の中に存在する状態になります。
身体の中にC型肝炎ウイルスが存在すると、すぐに肝炎が引き起こされると考えがちですが、免疫力が優れている方などの場合、ウイルスの活動を封じ込めるので肝炎が引き起こされません。

身体の中にC型肝炎ウイルスが存在するものの、肝炎を発症していない段階をとらえてC型肝炎ウイルスキャリアといいます。

C型肝炎ウイルスキャリアの経過

C型肝炎ウイルスキャリア化すると、ウイルスが排除されないため、やがてC型慢性肝炎を引き起こします。
この状態を放置すると、時間をかけて病気が進行し、肝硬変や肝がんへ進行することがあります。
これらは命にかかわる病気なので、C型肝炎そのものを重く受け止める必要があります。

ただし、C型肝炎ウイルスキャリア化したとしても、適切な治療を受けることで、完治が望めるほか、病気の進行を遅くしたり、止めることができるようになっています。
C型肝炎というと治療が難しい病気と考えてしまいますが、現在は治療法が進歩しています
C型肝炎ウイルスキャリアと診断された方は、適切な治療を受けることが最も重要です。

pagetop