わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

感染経路から考える予防策

型肝炎の予防方法と感染経路について解説しています。

C型肝炎の感染経路

C型肝炎ウイルスへの感染を予防するためには、感染経路を理解しておくことが重要です。C型肝炎ウイルスは、主に人の血液を介して感染します。そのため、C型肝炎ウイルスに感染した血液を輸血した場合、同・臓器移植を受けた場合などに感染します。そのほかでは、適切な消毒をしていない器具を使用した医療行為、ピアスの穴開け、入れ墨、出血を伴う行為などによっても感染することがあります。身近なところでは、歯ブラシの共用、剃刀の共用でも感染の可能性があります。また、当然ながら注射器の回し打ちも感染経路になりえます。これらの行為によりC型肝炎に感染する可能性があります。

C型肝炎の予防方法

C型肝炎ウイルスの感染を予防するには、他人の血液に直接触れないことが重要です。感染力が強いウイルスではないので、常識的な社会生活を送りつつ、他人の血液に直接触れることを避ければ、基本的に予防できます。しかし、C型肝炎ウイルスに感染した方の約半数は感染源がわかっていません。ごくまれに、性行為や出産により感染することもあるので、用心するに越したことはないでしょう。現在のところ、感染を予防するワクチンは開発されていません。以上の経路などに注意しつつ感染予防を図りましょう。

C型肝炎ウイルスの感染を招かない行為

C型肝炎は恐ろしい病気なので、過度に意識をしてしまう方が多いはずです。しかし、それほど感染力が強いウイルスではないので、普通の社会生活で感染することはほとんどありません。集団生活を送る方などは不安を感じるかもしれませんが、この場合もごく普通の生活では感染しません。例えば、食器の共用や入浴、握手、抱擁などでは感染が成立することはないと考えられています。心配な気持ちはわかりますが、正しく理解して差別を招かないようにしましょう。

pagetop