わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

国民病としてのC型肝炎

日本人の100人に1人が実はC型肝炎患者なのです!他人事とは言ってられません!

C型肝炎の患者数は推定150~200万人

日本におけるC型慢性肝炎の患者数は、持続感染者と呼ばれる、現時点では特に症状のない人を合わせて計算すると、約150~200万人が感染しているともいわれます。
これは100人に1人が感染しているということになりますので、かなり高い確率です。
年齢は40歳代以上に多く、肝炎ウイルス対策が講じられる以前の、輸血などによる医療行為での感染が、背景にあると見られています。

対策自体は年々進んではいるのですが、医療機関で治療を受けている人は、そのうちの50万人にすぎず、残りの推定患者数の中には、自覚症状がないために、感染に気付いていない人もいると考えられます。

少し古いデータになりますが、厚生労働省が市町村の住民健診に「肝炎ウイルス検診」を導入したところ、2002年の1年間で約3万人もの人が、C型肝炎ウイルスに感染していることが判明しました。
また、このウイルスは「肝がん」を発症させる大きな原因だとわかっていて、肝がんによる死亡件数は1975年から年々増加しています。2009年では3万人以上の人が死亡し、肺がん・胃がんについでがん死亡の第3位となっています。
こうした状況が「21世紀の国民病」ともいわれるゆえんなのでしょう。

ウイルス検査と早期治療開始が肝心

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、自覚症状がないまま病気が進行してしまいます。
検診や献血を受ければ発見されますが、そうでない場合には、他の疾患の治療の際に見つかる場合がほとんどです。
ですから、まずは早期に一度肝炎ウイルス検査を受診することが大切です。

特に、過去に輸血や手術を受けたことがある場合や、家族に肝臓疾患のある人がいる場合には受診することを強くすすめます。
採血のみの血液検査で、短時間で調べることができ、数週間で結果がでます。
地域にもよりますが、保健所や指定医療機関では無料で検査を実施していますので、確認してみるとよいでしょう。

検査の受診率が上がったことから、患者数自体は増加していますが、一方で治療法も進歩していますので、肝がんの5年生存率も50%以上と以前に比べて上がっています。
B型肝炎でも、高い確率で落ち着いた状態を維持する事ができ、C型肝炎も約80%が、完全治癒することができるようになってきました。
新しい治療に対する、公的補助も行われていますので、今後は早期発見から早期治療開始、早期治癒、そしてウイルス対策の効果が、患者数そのものの減少に繋がっていくことが期待されます。

pagetop