わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

一過性感染と持続感染

 C型肝炎の一過性感染と持続感染についてまとめています。

一過性感染とは

人間ドッグなどでC型肝炎ウイルス抗体が陽性と指摘された方がいるかもしれません。しかし、このことが即C型肝炎ウイルスが体内に存在することを表すわけではありません。C型肝炎は一過性感染と持続感染に分けられます。一過性感染とは、C型肝炎ウイルスが身体の中に入ったものの、体外に排出され、一過性の感染のみにとどまったものをいいます。体内に入るウイルスの量が少なかった、体調がよく免疫が万全であった、などのケースで一過性感染が起きるといわれています。ウイルスへの感染は一過性に終わりますが、一度でも身体の中にウイルスが入り込むと、抗体が陽性を示し続けることになります。そのため一過性感染を経験した方は、ウイルスが体内に存在しないにもかかわらず、C型肝炎ウイルス抗体検査で陽性を示すことになるのです。C型肝炎ウイルスに感染した2割から3割程度の方が、一過性感染にとどまるといわれています。

持続感染とは

残念ながらウイルスが排除されなかった7割から8割の方は、感染を持続した状態になります。この状態を持続感染、またはキャリア化といいます。そのまま放置すると、C型慢性肝炎を引き起こし、やがて肝硬変や肝がんに進行することがあります。C型慢性肝炎は肝がんの大きな原因といわれるので、持続感染は命にかかわる状態と考えたほうが良いかもしれません。

C型肝炎ウイルス抗体陽性の方は検査を

以上の通り、C型肝炎には一過性感染と持続感染が存在します。C型肝炎ウイルス抗体検査で陽性を示した方は、現在の状態を正確に調べる必要があります。沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、C型肝炎ウイルスに感染していても目立った症状をほとんど現しません。しかし、気づかない間に病気が進行し、症状が現れた頃には手遅れということが少なくありません。検査で陽性を示した方は、辛い症状がなくても、現在の状態を正確に調べる必要があります。必要があれば適切な治療を受けるようにしてください。

pagetop