わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

E型肝炎とは

ここでは、E型肝炎の原因や症状などを解説します。

日本でも発症する危険性があるE型肝炎の概要・症状

E型肝炎とは、E型肝炎ウィルスに感染することによって、肝臓に炎症を起こす病気です。
急性肝炎の症状を起こし、肝細胞が一部破壊されますが、例外的なものを除いて慢性化することはありません。
国内では、年間40~70件の発症例が報告されています。

ウィルスに汚染された食べ物や飲み物を口にすると感染するため、衛生管理の行き届いていないアジア・アフリカの一部地域に滞在する場合は、注意が必要です。
また、海外渡航歴がない人でも、豚、猪、鹿などの筋肉、およびレバーを生食して感染した例が報告されています。
輸血による感染も見られますので、国内でも安心はできません

感染後、約6週間程度の潜伏期間を経て、風邪のような症状を発症します。
発熱、倦怠感、食欲不振、腹痛などです。
血液検査によって肝臓から排出される酵素の上昇が見られる場合には、病因を特定するための精密検査が行われます。

経過観察だけでも、通常は1~2ヶ月程度で治癒します。劇症化する例は、全体の1%程度。
なお、妊娠後期に発症した場合は、約20%が劇症化します。

感染が判明した場合には、ウィルス汚染を拡大させないために、患者本人による日常生活の管理が必要です。
手にはウィルスが付着していることもあるので、消毒を行う必要があります。
特に、便の中にはウィルスが多く潜伏しているので、排便後は手洗いをよりこころがけましょう。

なお、現在のところ、E型肝炎を予防するワクチンは開発されていません

E型肝炎の治療法

E型肝炎の治療法は、基本的には「安静」です。

動かずにベッドに横になり続け、肝臓に負担をかけず、肝臓への血流を良くすることで、肝細胞の再生を待ちます。
通常、この状態で長ければ2か月程度で、E型肝炎は自然治癒しますが、万が一劇症化した場合には、それに応じて緊急治療が必要です。

また、E型肝炎の症状の一つである「食欲不振」が著しい場合には、ブドウ糖などの点滴が行われます

pagetop