わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

A型肝炎とC型肝炎の違い

ここでは、A型肝炎がどのような病気なのかを解説します。
C型肝炎との違いも説明しているので参考にしてみてください。

C型肝炎とは違い、現代の日本では患者数が少ないA型肝炎

A型肝炎とは、A型肝炎ウィルスが口から入って肝臓で増殖し、肝臓が炎症を起こす病気です。
劇症肝炎に発展しなければ、致命的な問題になることはありません。
一度かかると、抗体ができて二度と発病しないのが特徴です。

衛生状態が良くなった日本では、現在、患者は多くはありません。
海外から帰国した人が感染しているケースがあります。

感染すると、約1ヶ月の潜伏期間を経て、微熱、だるさ、食欲不振、嘔吐、下痢などを発症します。
風邪に似た症状なので、この段階では、なかなかA型肝炎と自己診断できる人はいません。

さらに約1週間後に黄疸が生じます。淡い色の便が出ることもあるようです。
極めて少数ですが、劇症肝炎に発展することもあり、その場合半数近くが致命的な結果となります。

B型肝炎やC型肝炎など、別の肝炎ウィルスにかかっている人が、A型肝炎に感染すると重症化する場合も。
ですが子供に感染した場合は、重症化するケースはまれです。

衛生状態の悪い地域で過ごす必要のある場合は、注意が必要です。
生水や生野菜を口にするのは避けましょう。事前に予防のためのワクチンを注射しておくこともできます。
なお、C型肝炎との違いについては、第一に感染経路ですが、A型肝炎は経口感染なのに対して、C型は血液感染です。
汚染された輸血を原因とした薬害肝炎問題が有名です。

第二に、症状の違いがあげられます。
C型肝炎はA型に比べて、重症化することが多いです。
早期治療をしなければ、幹細胞の線維化が進み、やがて肝硬変、肝臓カンへと進行します。

第三に、自覚症状の違いです。A型肝炎とは違い、自覚症状はほとんどありません。
不調に気付いて検査を受けたときには手遅れ、ということもありえます。
健康診断の数値で異常が見つかったら、直ちに精密検査を受けたほうがいいでしょう。

A型肝炎の治療法

A型肝炎の治療は、基本的には「安静」です。入院して、医師の管理のもと、適切な安静を行います。
「適切な安静」というのは、トイレ以外は横になっている、というレベルでの安静です。
これによって、肝臓への血液の流れをスムーズにし、肝臓の自己修復機能を高めます。
症状に応じて薬物療法を行いますが、ウィルスを撃退するタイプの薬物ではありません

pagetop