わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

治療をはじめる前に知っておくべきC型肝炎のこと

ここでは、C型肝炎の治療をするうえで知っておきたい基礎知識をまとめています。

C型肝炎の治療の基礎知識ガイド

C型肝炎の治療には、合併症や副作用、食事のことなど、理解しておきたい基礎知識があります。なぜ肝炎を発症したのか、今後どのようなリスクがあるのか…など、あらかじめ分かっていれば治療の方針もスムーズに立てられると思います。

C型肝炎の概要

C型肝炎は、日本には現在150~200万人いるといわれています。これは、ウイルスを持っていながら症状が出ていない人も含めた数字。

では実際に治療を受けてる人はと言えば、わずか50万人にすぎません。2002年に市区町村の住民健診に肝炎の検診を追加したところ、1年で3万人の感染者が増えたそうです。

思っている以上に患者の多いC型肝炎。その多くは40歳代以上だと言われています。というのも、1989年にC型肝炎ウイルスの存在が発見されてからは対策が取られるようになり、感染が防がれるようになったからです。

とはいえ、注射器の回し打ちや入れ墨、ピアスの穴開けなどで、若者が感染するケースも存在します。どんな年齢の方でも、まずは肝炎検査を受けることが大切です。

pagetop