わかりやすいC型肝炎の治療なび

わかりやすいC型肝炎の治療なび

C型肝炎を治療するための最新情報ガイド

わかりやすいC型肝炎の治療ガイド

C型肝炎の治療に用いられる代表的な方法である、インターフェロン治療、肝庇護療法について、わかりやすく解説をしています。つらい治療をできるかぎり負担なく行うための方法などもまとめました。

そもそもC型肝炎とはなにか

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで起こる肝炎です。感染した場合、70%の方が感染状態を持続し、やがて慢性肝炎、肝硬変、そして肝臓がんへと進行していくといわれています。

C型肝炎は血液を介して感染します。今ではほとんど考えられませんが、HCVに感染した人の血液を用いた輸血や血液製剤を医療行為に使うことで、感染の恐れがあります。

その他、注射器や入れ墨針、ピアス穴あけ器などを使いまわしするなど、不衛生な状態で針を使用し感染するというパターンもあります。

まずはセルフチェックをしてみましょう

肝臓は沈黙の臓器と言われるだけあり、自覚症状はほとんどありません。むくみや黄疸、出血などの症状が出るころには、肝硬変へ進行してしまっています。ですから、C型肝炎は症状が進行する前に、検査で発見しておくことが大切なのです。

以下の項目のうち、ひとつでも当てはまるものがあれば、C型肝炎のリスクが存在するのです。心当たりがあれば、必ず専門機関で肝炎の検査を受けましょう

C型肝炎リスクのセルフチェック

  • 1992年以前に輸血を受けたことがある
  • 血液透析を長期間受けている
  • フィブリノゲン製剤での治療を受けたことがある
  • 大量の輸血を必要とするような大手術を受けたことがある
  • 臓器移植を受けたことがある
  • 入れ墨やボディピアスの穴開けなどを、適切な施設以外で受けたことがある
  • 肝機能異常の診断を受けたのち、肝炎の検査を受けていない
  • 40歳以上で、C型肝炎の検査を受けたことがない
  • chara

C型肝炎の主な治療法

C型肝炎の治療は、主にインターフェロン治療と肝庇護療法の2つが用いられます。

インターフェロン治療

インターフェロンとは、ウイルスが体内に侵入した時に産生されるタンパク質のこと。これが人間の免疫力を高め、また炎症を調整することで、病気を治すことができます。

これを人工的に投与することで、肝炎ウイルスを排除するのがインターフェロン治療です。現在は腫瘍や白血病の治療にも用いられています。

免疫力を高め、肝炎ウイルスを根治するのがインターフェロンの治療の目的。免疫力を高める食品や成分を合わせて摂ることで、より治療が効果的になります。

C型肝炎のインターフェロン治療について詳しくはこちら

肝庇護療法

症状が進んでいたり、インターフェロンの効果が出にくいウイルスに感染している場合、ウイルスの根治が難しくなります。

そこで、ウイルスの排除を目指すのではなく、肝機能の正常化を目指すのが肝庇護療法です。グリチルリチン配合剤やウルソデオキシコール酸を使って、肝機能を強めることが目的となります。

肝機能を高めることが重要なのは、正常な機能によって肝臓の炎症を抑えることができるため。肝臓の炎症は、肝臓の細胞を破壊し、肝硬変や肝臓がんの原因となります。

そのため、肝臓の炎症を抑えることが合併症のリスクを減らし、進行を食い止めるのに大切なのです。

C型肝炎の肝庇護療法について詳しくはこちら

特集:C型肝炎の治療を助ける成分

C型肝炎の治療は、一朝一夕で終わるようなものではありません。長い期間をかけて、じっくりと治療をすることが必要となります。しかしながら、インターフェロン治療には副作用がつき物ですし、肝庇護療法に使用される治療薬にも、副作用は認められています。

C型肝炎の治療効果を高め、副作用をできる限り軽減するために、最近注目を集めているのが、いわゆる健康食品の成分です。

illust01

βグルカンやフコイダンに代表される、免疫力を高める成分から、オルニチンやタウリンなど肝機能の向上サポートが期待できる成分まで、その種類も効果も実に様々。
つらい治療をできる限り軽減するため、ぜひともチェックしてみてください。

C型肝炎治療をサポートする成分リスト

pagetop